倉庫内作業で大切な事

仕事

倉庫

近年、人手不足が深刻になりいまだに機械化が進められてない職種では大きな問題となっています。

物流業界もその影響を受けて万年、人手不足に悩まされています。

昨今、日本の景気の低迷がささやかれる中で、なかなか賃金の値上げが難しいといわれている業界では人手不足は続くと予想されます。

その中でも、倉庫業界は誰にでも簡単にできる軽作業と求人募集にも掲載されている通り、その結果、たとえその場所の作業が重労働であってもなかなか賃金が高い場所はないのではないでしょうか。

結果として、さらに物流業界は人手不足に悩まされることになるでしょう。

ですから物流業界は今後も人材募集をかけ続ける必要があります。

そのためあなたも倉庫内作業の求人をみかけることが多くなると思います。

あなたが何かのきっかけで倉庫内作業に従事されることになったのであればこの記事が役に立つかもしれません。

同じ肉体労働でもやり方や仕事道具などでも仕事に感じる負担や、快適さは変わってくると思います。

これから倉庫作業などを初めて経験する人向けに役立つことを書いていきたいと思います。

私が今から書く倉庫内作業については、違う業種や商品、または作業内容で変わってくるものだと思います。

ですが、大体の物流倉庫では同じように適用されることではないかと思います。

スポンサーリンク

靴はできるだけ良いものを

大体の倉庫業務では安全靴であると思います。

会社によっては支給してくれるところもあるかもしれません。

その靴が自分にフィットし、全然問題とすればそのままでもよいかもしれません。

ですが、私はできれば自前で安全靴を購入することをお勧めします。

倉庫内作業はほぼ立ち仕事なので靴の快適さが直結してきます。

自分の足に合わない靴を長時間履いていると足も痛くなるでしょうし、なによりとても疲れると思います。

なかなか自分にフィットする安全靴を見つけるのは難しいかもしれませんが、大事なポイントを紹介します。

  • 軽量であること
  • サイズは普段履いている靴より気持ち大きめなこと
  • 他の安い安全靴と比べて少しだけ値段が高いこと

倉庫作業はほとんど動いている事が多いので、本当に靴は良いものをお勧めします。

多少値段が張っても、その分のコストはすぐに取り返せると思います。

そのくらい作業靴は大事だと思います。

手袋は薄手の背抜きゴム手袋

これも必須だと思います。たまに普通のゴム付きの軍手をしている方を見ることがありますが、それよりこの手袋を使った方が力も使わなくてよいですし、非常に楽です。

軍手だとどうでしても密着力が弱いので余計な力を使ってしまいますし、なにより商品の落下防止にもつながります。

ゴム付きの普通の軍手より若干割高ですが、これも快適さとコストパフォーマンスを考えると、断然お得です。

絆創膏

意外とあると重宝するものです。

倉庫作業の場合、ダンボールなどを扱うことが多いと思いますが、手袋をして手の保護をするのは当然なのですが、万が一指などを切ってしまって出血などをしてしまった時の応急処置にあると便利です。

ダンボールは紙ですが、意外と切断面などは鋭利になっており、怪我をしてしまうことも少なくありません。

そんな時、ポケットなどに数枚忍ばせておくと便利です。

まとめ

倉庫作業にはそれほど絶対にないと仕事にならないというものはあまりありません。

ですが、ある程度良いものを使った方が良いというものが、靴と手袋というところではないかと思います。

絶対的に作業が楽になります。

肉体的につらいと精神的にもつらくなってきてしまうものなので、作業に集中するためにも最低この2点だけは良いものを使った方が良いと思います。

そして最後にですが、どの職場にも当てはまると思う事ですが一番仕事にとって大事なことは、周りの人と仲良くできることではないでしょうか。

色々な人が沢山いますので、簡単なようで簡単ではないことでしょうが。苦笑

楽しい倉庫ライフをお互い送りましょう。

タイトルとURLをコピーしました