【WORK MAN】ワークマンのメリノウール靴下がコスパ良すぎる話

ワークマン

メリノウール靴下がワークマンで売っていると聞き、早速買ってきました。

ご存じの方もいるかもしれませんが、「メリノウール」とは、メリノ種という羊の羊毛のことですが、ウールの中でも高品質とされています。

どんな特徴があるかというと、メリノウールの繊維は繊細で柔らかいので肌触りが特に良いとされています。

そして何よりも素晴らしいのは、調温機能がすごいところです。

冬暖かく、夏涼しいという、魔法のような性能をもっているメリノウール。

抗菌、防臭性能も高いということで、靴下の素材としては最高のスペックを兼ね備えています。

そんな魔法のような商品がワークマンに置いてありました。

なんと価格は580円。

「えっ、靴下でこの値段安いの?」と思われた方、他のメーカーなどのメリノウール靴下の値段は、この2倍から3倍くらいしてしまいます。

私も以前、アウトドアショップのモンベルでメリノウール靴下を購入しようと見に行ったことがあるのですが、1500円くらいしてた記憶があります。

「さすがに靴下に2000円近く払う勇気はない・・。」と退散した苦い記憶があります。笑

そんな中、この値段でメリノウール靴下が履ける!ということは素晴らしいコスパだと思います。

サイズは24.5cmから27cmとなっていますので、この間のサイズの方なら問題なく履けると思われます。

履き心地は噂通り、肌触りは優しい履き心地となっています。

すごいフィット感も素晴らしいので、歩きやすいです。

つま先とかかとは、パイル地になっているのでしっかりとした靴下です。

内側から見た靴下。

足にフィットしている感じがわかりますでしょうか?

外側から見た靴下。

フィット感が良いのに、肌触りが良いので窮屈な感じはないです。

パッと見た感じ、冬場に履く靴下としては、もう少し長いものの方が良いという方もいるかもしれませんが、個人的にはタイツなどを履いて防寒すれば、足首までカバーできるので、この問題点は解消できると思っています。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでメリノウール靴下の良い点をあげてきたのですが、このメリノウール靴下にも弱点があるそうです。

化学繊維よりも重く、水分を含みやすいので速乾性はなく乾きづらいそうです。

ですが、このワークマンの靴下ではナイロンとポリウレタンも使用しているとのことで、ここらへんはカバーできそうだと思います。

そんな弱点を補うに余るメリットである、着心地の良さ、防臭性能、高性能な調温機能があるのでそこまで気にならないかもしれませんね。

是非、メリノウール靴下を試してみたいと思う方は購入してみることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました