【WORK MAN】ワークマンの冬用インナー3種類を着比べてみた感想【比較検証】

ワークマン 冬用インナー 伸張吸湿発熱ピーチ起毛ハイネック

ワークマンに行くと、様々なインナーが売られています。

素材や価格などもバラバラで、正直どれが良いのか迷ってしまいますよね。

ワークマンでは独自の防寒性能を持つ、ヒートアシストなる商品などもあるように、どれもある程度の防寒機能はあると思います。

その中で、今回3種類の違ったインナーを買ってみて、その商品ごとのレビューをしてみたいと思います。

すべてのサイズは私自身に合わせたMサイズとなっています。

個人的な感想ですが、価格やデザインなどの違いはあれど、ワークマンの冬用インナーの中には、ヒートテックよりも優秀な防寒インナーはあると感じましたので、寒がりの方には意外とワークマンのインナーはおすすめできるかもしれませんね。

スポンサーリンク

伸張吸湿発熱ピーチ起毛ハイネック

ワークマン 冬用インナー 伸張吸湿発熱ピーチ起毛ハイネック

今回購入した3種類の中で、1番値段の高い商品1500円(税込)ですね。

 

ワークマン 冬用インナー 伸張吸湿発熱ピーチ起毛ハイネック

こちらの商品は特殊な生地が使われていて、素材が伸び縮みすると発熱する素材を使っているんですよね。

コンプレッションウェアなので、かなり肌に密着したインナーですが、ストレッチ性が高いのでスポーツや身体を動かす仕事をする人には、特におすすめできるベースレイヤーではないでしょうか。

生地自体も程よく厚いので、普通に着ていても保温性はありますね。

コンプレッションウェアですが、裏側はピーチ起毛(桃の綿毛のような肌触りをしている生地)なので着心地も良いのはオススメできる点だと思います。

着て少し動いていると、ジワジワ暖かくなっていくのがわかるんですよね。

普通のインナーでは感じられない暖かさを感じることができると思います。

寒がりの人には、特にオススメできる商品だと思いますよ。

MOVE ACTIVEピーチ起毛ハイネック

ワークマン 冬用インナー MOVE ACTIVEピーチ起毛ハイネック

こちらも先ほどの商品と似たような商品となっていますが、違った点としては発熱する特殊生地ではないといった点でしょうか。

 

ワークマン 冬用インナー MOVE ACTIVEピーチ起毛ハイネック

値段は先ほどの半分くらいの値段で、780円(税込)となっています。

着心地などもピーチ起毛を使っているので、そこまで大差はないと思いましたね。

けれども、若干脇回りなどが窮屈に感じる点が、先ほど着たものとは気になる点でした。

値段が違うのはあるにしろ、これは着比べてみないとわからなかった点ではありましたね。

やはり値段の高い、低いで着心地は変わってくるものなのでしょうか。汗

この場合だと、本当はワンサイズ上とかを選ぶべきだったんでしょうけど、パックされている商品だと試着もできないところが残念ですよね・・。

なるべく安い値段でインナーが欲しいと思う人であれば、保温性もそこそこあるので、サイズ感だけ気を付けて購入すればこのインナーでもコスパの点で考えると良いとは思いますね。

1500円のものと着比べてしまうとですが、またこの780円の方を購入しようかどうかは、正直迷ってしまいますね。汗

HEAT ASSIST ホットコットン ソフトタッチ ストレッチインナー(ウールブレンド)

ワークマン 冬用インナー HEAT ASSIST ホットコットン ソフトタッチ ストレッチインナー(ウールブレンド)

こちらの商品は、先ほどの2点の商品とは異なりコンプレッションウェアではなく、普通の丸首シャツの長袖となります。

 

ワークマン 冬用インナー HEAT ASSIST ホットコットン ソフトタッチ ストレッチインナー(ウールブレンド)

値段は980円(税込)となります。

大体のインナーはこの価格帯が多いような気がするので、平均的な価格帯だと思います。

ハイネックが嫌いな人であったり、コーディネートによっては丸首の方が良い場合もありますよね。

このインナーに関しては、ワークマン独自の防寒機能である、ヒートアシストが使われており、更にはウールを配合をしているので更に暖かさがアップしているんですね。

着心地もストレッチ素材に加えて、ゆったり設計なので締め付け感もありませんね。

汗なども吸湿して発熱するので、防寒性能もそこそこありますし、静電もあるので冬場の嫌な静電気も軽減してくれます。

普通の長袖Tシャツを買うくらいならば、こちらのほうを買う方が、コスパの点で考えるとかなり良いかもしれませんね。

まとめ

3種類のインナーを着比べてわかったことは、価格によって機能が違うのはあれど、その目的によってもかなり購入するべきインナーは変わってくると思いましたね。

どれも似たようなインナーに見えてしまいますが、自分がどのような機能が欲しいか、どんな点を重視しているかによって、購入する商品は決まってくると思います。

自分がインナーに求めているものは何かを、再度確認してみて数多くの種類のインナーが置いてあるワークマンに足を運んでみると、思わぬ自分に合った商品を見つけれるかもしませんね。

個人的な感想ですが、価格やデザインなどの違いはありますがワークマンの冬用インナーの中には、ヒートテックよりも優秀な防寒インナーはあると感じましたので、寒がりの方には意外とワークマンのインナーはおすすめできるかもしれません。

こちらの記事に冬用タイツもレビューしていますので、お時間がある方は読んでいただけると嬉しいです。

2021年も冬に入ってかなりの数の新商品が発売され、新しいインナーが店頭にずらりと並んでいます。

更に選択肢が増えたので迷う反面、更に買い手にとっては選択の幅が広がり、本当に欲しいインナーが見つかるかもしれませんね。

また新しいインナーを購入した際にはレビューしたいと思いますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました