【WORK MAN】ユ〇クロの超極暖より暖かくコスパの良いワークマンのインナー【ヒートテックよりも暖かいかも!?】【冬のおすすめ防寒インナー】

ワークマン ウォームボアタイツ

本格的に寒くなり始めましたね。

寒さが大の苦手の私としては、少しでも寒いのが嫌なので、早め早めに防寒対策をしています。

そんな寒さ嫌いの私にとって、去年の冬に強い味方になってくれたのが、このワークマンのインナーだったんです。

これを使い始めてからは、このタイツしか履けなくなるくらい使い勝手がいいんですよね。

しかも半端なく暖かいアイテムなので、寒がりの方には特におすすめできる商品ですよ。

ウォームボアタイツ 商品概要
価格780円
材質本体:ポリエステル95%・ポリウレタン5%
ウエストゴム部分:ポリエステル92%・ポリウレタン8%
サイズM.L.LL
カラー展開

クロの1色のみ

スポンサーリンク

ウォームボアタイツの特徴と使用感について

ワークマン ウォームボアタイツサイズ:

インナーで有名なのは某アパレルショップのヒートテックですが、こちらのワークマンの商品もヒートアシストという独自の防寒性能をもっています。

お値段の方ですが、780円(税込)となっています。

これはノーマルのヒートテックより、値段が安くなっていますね。

 

ワークマン ウォームボアタイツ
ワークマン ウォームボアタイツ

このワークマンのインナーはある程度生地がしっかりしていて、保温効果としてはヒートテックの最上級ともいえる超極暖並みの保温力があると、個人的には感じました。

その超極暖ですが、値段で言えばこのワークマンのインナーの2.5倍くらいの価格で販売されているんですよね。

それを考えると、このワークマンのインナーはコスパのお化けと言えるかもしれませんね。

 

ワークマン ウォームボアタイツ
ワークマン ウォームボアタイツストレッチ性もかなりあるので、動きを妨げるようなことはないですね。

普段から薄めのタイツを履いている方が、このタイツを初めて履くとちょっと分厚く感じるかもしれません。

ですけど、暖かいという心地よさが勝って、すぐに慣れると思いますよ。(笑)

 

ワークマン ウォームボアタイツ裾部分は、裾ゴムではないですが、しっかり密着してくれるので、冷気が足首から入るようなこともないです。

 

ワークマン ウォームボアタイツ裏返してみた写真です。

 

ワークマン ウォームボアタイツ
ワークマン ウォームボアタイツ
裏側全体が、微起毛加工のフリース生地になっています。

なので、とても保温性があるんですね。

私の使ってみた感想としては、しっかり暖かいところがとても良い点だと思います。

注意点としては、めちゃくちゃ暖かいので本当に寒い場所では大活躍してくれますが、そんなに寒くならない場所で使うと温度調節が難しくなってしまう点でしょうか。

私自身は、寒いより熱い方が良いので、少しくらい熱いのであれば我慢できてしまうのですが、人によっては嫌な人もいると思いますので、体温調節にはご注意を。

毎日のように履いていましたら、少しずつですが毛玉ができましたので、追記しておきます。
表面の生地の耐摩耗性はそこまで強くないみたいですね。

 

 

ミニマリストを目指している男性や、コストパフォーマンス重視の方にはおすすめのサービスです。

まとめ

今年の冬に備えて、良い防寒アイテムをお探しであれば、こちらの商品を試してみることをおすすめしますよ。

この他にも、ワークマンにはコスパの高い防寒着が沢山あると思いますので、気になりましたら店頭でチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました