HUAWEI P20 liteをiPhoneに似た操作感にする方法

ガジェット・家電

どうも、クマタロウです。
こちらのスマホを購入してから1か月位が経とうとしています。


私が長年愛用していたスマホiPhone5sと比べると画面も大きいので見やすくキレイで、動作もサクサク動くので満足しています。
しかし、ネットなどを閲覧していると長年使っていた習慣のせいでしょうか。iPhoneのようにスワイプで元のページに戻りたくなってしまいます。
Androidユーザーの方は慣れている方が多いのでしょうが、デフォルトは画面下にあるナビゲーションバーですべてコントロールできる仕組みとなっています。
この操作方法で慣れてしまえば良いのでしょうが、慣れない間は無意識にネット検索をしている間はスワイプしてしまうことが多々ありました。
機種が変わると表示方法や操作が変わることはよくあることですが、できれば慣れている操作感で操作したいと思うのが人の心ですよね。

スポンサーリンク

HUAWEI P20 liteでスワイプで操作する方法

私がふと見ていたHUAWEI製のスマホの紹介動画の中で、そのスマホの設定を説明している動画がありました。
その中でふと目にした画面があったので、もしやと思いP20 liteの設定を色々調べてみたところありました、iPhoneみたいにスワイプでスマホを操作できる設定が。
手順はすごく簡単です。

1、ホーム画面から【設定】を選択(タップ)

2、一番下の方にある【システム】を選択(タップ)

3、その中にある【システムナビゲーション】を選択(タップ)

4、その中から【ジェスチャー】を選択(タップ)

するとあら不思議、スワイプで操作できるようになります。
基本的にアプリの終了やページバックなどに対応しています。左右両方のスワイプに対応しているので右側からのスワイプでもこれらの機能をできます。
画面が大きいので、ナビゲーションバーを使うよりこちらのほうが使い勝手よいのではないかと思っています。手が小さい人や大きなスマホに慣れていない人にはこの機能がおすすめだと思います。
ジェスチャーを選択する際に、その下に設定という項目がそのナビゲーションの説明となっていますので一読しておくと良いでしょう。
iPhoneに慣れてしまった人、ナビゲーションバーが嫌な方はこちらがおすすめです。

おまけ

意外と知られていないか、使って便利だった機能を紹介していきます。
指紋認証は便利なのでみなさん使っていると思いますが、指紋IDを設定する下に長押しジェスチャーとスライドジェスチャーなるものが存在するのをご存知でしょうか?
長押しジェスチャーではスマホ裏側の指紋IDの場所で写真のシャッターボタンの代わりにできたり、電話がかかってきた際に通話に出ることなどができるように設定できます。
さらに、スライドジェスチャーでは、通常では画面を上からスワイプしないと確認できない通知パネルを指紋IDの場所を下にスワイプするだけで確認できるようになります。
これで片手でも通知パネルが確認できるようになり、かなり便利な機能だと思います。

スマホって使っているうちに色々な機能があったりすることに気づいたりしますよね。笑
中には知らないまま新しい機種に移行してしまっているケースも少なくないのではないでしょうか。普段から暇な時間があれば設定やネットでスマホの機能を調べてみるのも面白いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました