アマゾンおすすめの激安ノートパソコン2つを比較してみる

ガジェット・家電

パソコン選びってすごく迷いますよね。

色々なメーカーがあって、色々な種類があって、かつ価格帯も大きいですし。

デスクトップパソコンとノートパソコンでもどちらにしようか迷います。

デスクトップパソコンの方が機能性が優れたものがおおいですし、価格も同じ性能のノートパソコンに比べるとかなり安く設定されてると思います。

デスクトップパソコンの方がパーツなどで、後から拡充できることなども考えられて設計されてるものが多いので、あとからグレードアップしていくこともできることは魅力かもしれません。

ノートパソコンは携帯性に優れている点でしょうか。

出先などや外出先などでパソコンを使いたいときなどにはノートパソコンがいいですよね。

カフェでノートパソコンを開いて作業している人を見ると、なぜかオシャレで賢く見えてしまいます。

また、コンパクトなので部屋に置いておくとなっても邪魔になりませんので、収納的にもメリットがあると思います。

ベッドの上で作業したりごろ寝パソコンとしても使えるかもしれません。

最終的にどのパソコンを購入するかという点は、自分のやりたい事に見合ったスペックを持ったパソコンを探すということになるかもしれません。

動画を編集したいなら読み書きが早いある程度ハイスペックなパソコンを使った方が良いですし、快適にゲームをしたいならグラフィックの優れたパソコンを選ぶべきでしょう。

今回紹介するノートパソコンは、そこまでハイスペックなパソコンではないのでノートパソコンをできるだけ安く、ネットと動画鑑賞がそこそこできれば良いというライトユーザー向けのパソコンとなっています。

前置きが長くなってしまいましたが、それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

Bitly

こちらのノートパソコンは見た目がiMacに似ているという事で少し話題になったものです。

メモリ 6GB
ハードディスク容量 64GB
CPU Intel Celeron
画面サイズ 13.3インチ
重量 1.2kg

本体の材質が安いノートパソコンに多いのがプラスチック製なものが多いなかで、こちらはアルミというメタルボディとなっています。

パソコンの記憶できる容量といえる、内部ストレージもノートパソコンながらSSDをあとからでもつけて追加できるということも良い点ですね。

外部ストレイージもマイクロSDが128GBまで対応のスロットがあるので、ある程度のデータはためておくことができそうです。

液晶はIPSスクリーンノングレア液晶なので映り込みなどのない見やすい液晶になっています。

キーボードは標準の英文配列なので日本語配列に慣れている人は少し戸惑うかもしれません。

地味に嬉しいのが、オーディオジャックがついている事でしょうか。年々新しいパソコンになるにつれてオーディオジャックがないものが増えていると聞いているので、気楽に音楽や動画を家などで誰にも邪魔されずに楽しみたいならあれば便利なものだと思います。

価格なのですが、3万3000円前後となっていますが、セール時などでは5千円前後安くなって売っている時もあるのでタイミングを見て買うのもありかもしれません。

Bitly

このパソコンはアマゾンのノートパソコン人気第1位となっている商品です。

メモリ 4GB
ハードディスク容量 64GB
CPU インテル
画面サイズ 14.10 インチ
重量 1.39kg

最初に価格なのですが、26500円となっており、破格な値段となっています。

こちら本体はポリカーボネイトという耐衝撃性プラスチック素材となっています。

先ほどのパソコンよりは見た目の高級感という点では少し劣ってみえるかもしれませんが、コストを落とすために使っていると考えるとやむを得ないのかもしれません。

こちらのパソコンも先ほどのJumper Ezbook 3 proと似たような装備をしています。

内部ストレージもSSDを増設できるようになっており、マイクロSDカードスロットが搭載されています。

こちらにもオーディオジャックはついているみたいです。

普通にインターネット検索や動画の視聴、外出先での文章入力などをしたいなどであればストレスなく使えるものみたいです。

こちらの商品はちゃんと技適マークがあるので安心です。

さきほどのJumper Exbook 3 proは技適マークがないので使用は自己責任ということになってしまいますのでご注意を。

ひとつ補足なのですが、私がこのChuwi Herobookを色々調べている中で気になったことがあるので書き留めておきます。

このノートパソコン全てが初期状態でそうなのかどうかはわかりませんが、どうやらこのパソコンのCPUパフォーマンスをしらべてみるとなぜか初期状態からPowerLimitなるリミットみたいなものが動作しているらしいので、BIOSというとおじさんなので、UEFIからその状態をリセットしてあげると、ちゃんとクロックがフルパフォーマンスで動作してくれるみたいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ふたつともノートパソコンではかなり破格な値段となっており甲乙つけがたいものとなっています。

ネット検索や動画視聴目的なら充分に活躍してくれると思いますので気に入ったものがあれば購入してみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました